Profile Photo
【休止中】
个人翻译自留地,详细请见【About】页。
  1. About
  2. Lyrics
  3. 24014
  4. Mep. 23rd
  5. 私信
  6. 归档
  7. RSS

カラクリ遊園地


サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)


夕焼け空赤く伸びる影は一つ

まだ箱の中

立ち尽くす私

日落时分晚霞赤红 映下一人孤影

我依旧在电梯厢中

久立不动


“让您久等了。这里是最高层的顶楼游乐场。”


回る回るメリーゴーランド

乗ってる内は気づかない

思ってたよりずっと

自分だけしか回ってない

不断回转着的旋转木马

还没意识到自己已经乘了上去

回过神来才发现

只有自己乘上的那匹在转


軽快に鳴らすクラクションは

衝突直前にだけ聞こえてくる

おもちゃの車でまた行きとまり...

ネジ巻きレストラン

世話になったね、と軽く笑って降りた老人はどうやら二回目の来店らしく慣れた足取りで席についた。

低语着“受你照顾了”,浅笑着走下电梯的那位老先生,用着怎么看都像是已经两度造访这家店的轻快步伐走到座位边,坐了下来。


アルバム:カラクリ百貨店

サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)


その店は何一つ変わらないまま

見渡せば「老人(僕)」の上にだけ時が積もって

这家店依然维持着当初的模样

放眼望去岁月只在【老人(我)】一人身上流转


白く広いテーブルには

空のお皿がぼつんと

やがて訪れる時を

「老人(僕)...

おやすみメリィ

降りたのは相変わらず機嫌が悪い青年。どうやら枕を変えたせいで寝不足らしく、ふわロリラブリーな店員の少女に注文を始める。自分を取り巻いている羊の群れにはまだ気づいていない。

那个一如既往摆着一张臭脸的男青年走下了电梯。怎么看都像是因为换了枕头而睡眠不足的他向身穿蓬松洛丽塔裙的娇小可爱的店员少女下了订单。那时的他,还没注意到已将自己周边围得满满当当的羊群。


アルバム:カラクリ百貨店

サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)


おやすみなさいませ、すばらしい眠りを

フカフカの抱きまくらと

もこもこのパジャマに顔を埋めて...

玩具箱マァチ


アルバム:カラクリ百貨店

サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)

少し戸惑いながらも降りたのはあとげない少女。まるでおとぎ話のようなおもちゃフロアに目を輝かせている。

一个天真烂漫的少女稍有些犹豫地走下电梯。看到宛如童话般的售卖玩具的这一楼,她的眼中闪烁光芒。


*双引号里的内容为少女的台词,直角引号里的内容为玩具向导的台词,花括号里的内容为公主娃娃的台词。背后玩具们的窃窃私语声音太低了听不清楚,十分抱歉……


“哇,好厉害!和之前听说的一样,这里有好多玩具!嗯,是哪一个呢,那个……啊,向导先生来了!”

「哎...

月と星の宝石店

降りたのは無口なマダム。宝石には目がない。フロアの一角、エキゾチックな宝石店へと向かう。

一位沉默不语的女士走下电梯。相当喜欢宝石的她向着位于三楼一角的,一家富有异国风情的百货店走去。

*下文以下划线标出的,由歌手以其它语言唱出(推测为闪族,不确定是否为阿拉伯语/波斯语)


アルバム:カラクリ百貨店

サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)


満天の星を閉じ込めて沈む

きらめく欠片を月影が照らして

ようこそいらっしゃいませ

ごゆるりと御覧ください

藍玉の首飾り、孔雀石を一つ二つ

ダイヤは百カラット 舌に滑らせ...

マネキン人生

降りたのは二人の女、巷でファッションバトルを続けてきた永遠のライバル

两名女性在二楼走下电梯,延续着在街边就已打响的战争,她们互为永远的竞争对手。

*下文以下划线标出的,在BK上显示为红字


アルバム:カラクリ百貨店

サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)


ヒールを鳴らし登場

薔薇のような赤いフレア

揺れる短い髪をなびかせ

凛と咲く花の美しさ

踏响高跟鞋华丽登场

裙摆如同蔷薇般赤红

摇曳着的短发随风飘舞

那份美丽有如凛然绽放的花朵


かたや白く柔らかく光る

真珠のようなドレスふわり

薄いレースが...

カラクリ昇降機(エレベーター)


アルバム:カラクリ百貨店

サークル:Mamyukka

唄:まめこ

翻译:karakomachi (C10)


夕日の中、駅前

私一人用もないのに

薄汚れた古い百貨店

回転扉をぐるぐる

在车站前,沐浴着夕阳

明明无所事事

我却独自一人来到有些脏的古旧百货店

骨碌骨碌地摆弄旋转门


“十分感谢您今日莅临本店,我将为各位担任向导……”


コスメティック無難ブランド

すぐにエスカレーター(↑)

流行知らずのマネキン

もう見飽きてきたわ

化妆品的牌子差强人意

不远处就是自动扶梯(↑)

与流行脱节的时装模特

我已经看到腻了...

之前漏翻一段,已经在正文里悄悄补上,十分抱歉……


Ⅰイラッシャイマセ(欢迎光临)

迎来终末的二十世纪步入苍然暮色。对庸碌人生感到稍许疲倦的年轻OL(Ⅱ京子)走出公司大门,恍惚间便驻足于坐落在车站前方的,有些复古的百货店门前。

仅因一时冲动就走到了平时不常去的地方,视线彼端的转门一刻不停,“咕噜咕噜”地旋转。周围弥漫着令人怀念又使人安心的空气,她的心情眨眼间便舒畅起来。不过,总感觉这座古旧的建筑物和自己现在这副样子有一丁点相似,每一层都人烟稀少,显得十分空旷。不论是百货店本身还是其中贩卖的商品,都没有什么亮眼的引人注目之处。

“我果然不应该来这里”,京子一边想着,一边准备随电梯下行。...

eterno


アレンジ:Blueberry&Yogurt

唄:Rita


原曲:沈黙の都/降りしきる雨


もしも本当に 神様がいるなら

あの子をどうか

幸せにして


壊れた 昨日は 帰らない

消えてゆく 命 見つめてた


何もできずに 泣いてた

もう動かないからだ 抱きしめ

せめてあの子が 笑顔のままで

静かな場所へと

行けるように


悲しいことなどない世界

あるなら


もしも本当に 神様がいるなら

あの子が 

笑っていられますように


壊れた心は 虚ろで

壊れた瞳は 泣き腫らし

時間が 経つのも 忘れた

もう 動かない

Amnesia


アレンジ:Blueberry&Yogurt

唄:Rita


原曲:Always


きおくの

いとを

たどりゆく

たびじ

ゆびのさき に


触れる


くろい

いろの

霧のよに

ぼやける

おもいで


きおくの

いとは

ふととぎれ

そこは

永久の闇夜


ふれる

くろい

かげの

きみはだれ?

ふれた 手

はなれた


とうめい うつす

すいしようの

そこにゆれて


溶ける


くろい

いろの

きりのなか

かすんだ

おもいで


きおくの

いとを

たどりゆく

たびじ

終わる頃 に...

1 / 5